シトラスリボンプロジェクトへの参加協力

シトラスリボンプロジェクトへの参加協力

こんにちは、首都圏サポート株式会社です。

 

弊社では、除菌・消毒サービスを通して、

みなさまの安全と安心の為に事業を推進させていただいております。

 

また愛媛県よりはじまりまました、新型コロナウイルスへの差別や偏見を無くす運動

『シトラスリボンプロジェクト』に参加協力させていただきまして、

皆様が1日も早い日常生活を取り戻せるよう、努めさせていただいております。

 

『シトラスリボンプロジェクト』『シトラスリボン運動』について

 

当たり前と思っていた「ふだんの暮らし」を揺さぶっているCOVID19。

今や、どこにいても何をしていても、いつだってだれだって感染のリスクはゼロでは ありません。

感染拡大を防ぐためには、さらなる「行動変容」が必要になると同時に、

だれもが、少しでも心のびやかに暮らせるようなまちのあり方が、今こそ問われてい るのかもしれません。

ウイルス感染拡大阻止は、もちろん大事です。経済対策も大事です。

でももうひとつ、忘れてはならないことは、たとえウイルスに感染してしまっても、

地域の中で笑顔の暮らしを取り戻せるということの大切さです。

「ただいま」「おかえり」。お互いにそんなふうに言いあえる、受け止める空気であって こそ、

安心・安全が守られるまちなのだと思います。

わたしたちの暮らしを守るため に日々奮闘しておられる方々への感謝も込めて、

「ただいま」「おかえり」って言いあえるひとの輪を、ここ愛媛から。

そして、東京、首都圏から。

ただいま、おかえりって言いあえるまちに シトラスリボンプロジェクトへの

参加協力をさせていただいております。

 

[シトラスリボンプロジェクトに参加協力する理由]

私たちも除菌・消毒作業をさせていただくなかで、

品川など東京のナンバーの車両で他県に伺うと、差別や偏見を受けてまいりました。

その中で、テレビ番組「Mr,サンデー」様の中でこの運動を知り、参加協力のお願いをさせていただきました。

まず、コロナと最前線で戦ってくださっている医療従事者をはじめ、

社会の機能を維持するために就業してくださっているエッセンシャルワーカーのみなさまに、心より感謝いたします。

ですが、ニュースで飛び込んでくる、医療従事者、公共交通機関で働く方々、

配送業、スーパー、コンビニ、ドラッグストアの方々などの

エッセンシャルワーカーやご家族への偏見については、胸が締め付けられる思いです。

感謝することはあっても、差別するなど考えられません。

もしも差別をお持ちの方は、今一度考えていただいたいと思います。

この運動は、ウイルス感染拡大の阻止につながります。

検査が必要と思われる方々が、躊躇なく安心して受けていただくことで、

いちはやく対策を打つことができます。

また、感染が確認された方々への差別や偏見が拡がることによる弊害を防げます。

感染者が出た・出ないということ自体より、「その後」に的確な対応ができるかどうかで、

その地域のイメージが左右されると、私たちは考えます。

「ただいま」「おかえり」って言いあえるまちはきっと、だれにとっても暮らしやすいまちであるはずです。

“コロナ渦”の「その後」も視野に入れて、暮らしやすい地域をめざして取り組んでいきたいと思います。

 

 

この活動は愛媛県でチーム「ちょびっと19+」様により発足した運動です

 

〔ちょびっと19+ とは・・・〕

「COVID19」がもたらす “災禍” の中で、「少しでも+(プラ ス)を生み出せたら」と願い、

発足したグループです。

大 学関係者・企業経営者・メディア関係者などの有志が、

所 属機関とは関わりなく、個人としてゆるやかにつながり、

ほんの「ちょびっと」だけでもできることがないか、模索をはじめています。

 

共同代表

甲斐 朋香 氏(松山大学法学部准教授)

前田 眞 氏(愛媛大学社会連携推進機構教授)

 

松山市議会・岡ゆうや議員のサイトでも紹介されております。

■岡ゆうや議員

また、愛媛でご活躍中のパーソナリティ・やのひろみさんのブログでも紹介されております。

■やのひろみさん

 

 

 

除菌・消毒、また営業再開に向けての清掃などはお気軽にお問い合わせ、

ご用命くださいませ。0120-591-410 にて24時間365日承らせていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ただいま」「おかえり」と言い合える街に。

素敵ですよね。

差別は決して許されません。

ストレスがたまり、気持ちがすさんでしまうことはあると思いますが、大変なのは自分だけじゃありません。

自分だけとおもうと辛いので、そう言う時は人と話をするとか、好きな音楽を聞くとか、窓を開けて外の空気を思う存分満喫するなどの、気分転換をしてください。

■シトラスリボン運動の賛同について

[賛同していただける方へ]

感染が確認された方々、私たちの暮らしを守り、支えてくれる方々(医療従事者・「エッセンシャルワーカー」の皆さまなど)が、それぞれの暮らしの場で「ただいま」「おかえり」と言いあえるまちでありますように。そんな想いを共有していただける方に、次にご紹介する方法で、あなたの住むまちにエールを送っていただけるとうれしいです。

1) シトラスカラー=柑橘をイメージした色のリボン・紐などを準備します。リボンの色や材質はあなたの創意工夫で。

2)その材料で「地域・家庭・職場(or 学校)など」を示す「三つの輪」をつくれば、「シトラスリボン」のできあがり。結び方は「飾り結び」「小花結び」「アジアンノット」「総角結び」などと呼ばれるものを参考にしてみてください。

3) この「シトラスリボン」を身に着けたり、おうちの玄関や郵便受けなどに掲示してみたりしてください。

周りの方々へ「元気ですか?」「また会いましょう!」のことばとともに贈りあうのもよいかもしれません。

4)リボンの画像をSNS で発信することも、このプロジェクトが広まるきっかけになります。

 

 

 

 

 

 

[ご連絡・お問合せ先] citrusribbonfromehime@gmail.com 「ちょびっと19+」共同代表 甲斐朋香(松山大学法学部准教授) 前田 眞(愛媛大学社会連携推進機構教授)

 

 

 

  

TOP